4日午前、次期衆院選について「19日公示、31日投開票」の一報が流れた。有力とみられていた日程よりも1、2週間早く、佐賀新聞社の編集局フロアは一気に慌ただしくなった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加