県内外22バンドがビートルズを演奏している「温泉deビートルズ」=武雄市武雄町の保養村もよおし広場

 県内外の22バンドがそれぞれのビートルズを披露する「温泉deビートルズ音楽祭2021」が16日、武雄市武雄町の保養村もよおし広場で始まった。緑に包まれた屋外の会場にビートルズの曲が流れ、ファンが一緒に口ずさみながら楽しんでいる。17日まで。

 音楽好きの市民有志が2011年に始めた。11年連続エントリーの2バンドをはじめ、京都や熊本、福岡などからも参加があった。

 30分の演奏時間に2曲以上ビートルズのナンバーを入れるのがルール。オープニングを務めた地元武雄の「ゼロスターズ」など、バンドの個性が際立つビートルズに手拍子が起き、踊り出す子どもの姿も。「亡くなった夫が好きだったので毎年来ている」という市内の女性(72)は「今年はどんな曲が聴けるか楽しみ」と手拍子を送っていた。

 音楽祭を中心になって運営している山下由紀恵さんは「地域の協力があって続けることができている。コロナを吹き飛ばすようなビートルズを楽しんで」と来場を呼び掛ける。17日は正午から午後5時半までの予定。(小野靖久)

このエントリーをはてなブックマークに追加