予約方法見直しの主な検討例

 新型コロナワクチンの3回目接種について、47都道府県庁所在地(東京は新宿区)のうち、53・1%に当たる25市区が予約受け付け方法の見直しを検討していることが16日、共同通信の調査で分かった。65歳以上の高齢者への接種券発送時期に関し、12市が12月と答えた。7市区も年内想定で準備中と回答。合わせて19市区(40・4%)。自治体が米ファイザー製、モデルナ製など複数のワクチンを同時に扱う可能性があることに27市区(57・4%)が不安だとした。

 岸田文雄首相は3回目を12月から始める方針。まず医療従事者が想定される。

 調査は5~13日、47市区に実施。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加