武雄市は30日、市内の建設業者3社と、災害時に各社の小型無人機ドローンを活用する協定を結んだ。 3社は山崎建設(山崎虎次社長)、石丸建設(石丸清社長)、日本建設公社(永代充日出社長)。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加