バンクシーの作品「愛はごみ箱の中に」を持つ展示担当者=9月3日、ロンドン(AP=共同)

 【ロンドン共同】2018年に落札直後にシュレッダーで半分ほど細断された素性不明の芸術家バンクシーの作品「愛はごみ箱の中に」が14日、ロンドンで再競売にかけられ、手数料込みで前回落札額の18倍近い1858万ポンド(約28億8千万円)で落札された。予想落札額は400万~600万ポンドだった。英メディアが伝えた。

 競売大手サザビーズによると、バンクシー作品としては過去最高額。落札したのはアジアの収集家だという。

 同社のロンドンの会場に駆けつけた落札希望者9人と電話やオンライン参加者らの間で約10分間にわたり入札が続いた。

 作品は、少女と赤い風船をスプレーで描いたもので、18年10月に104万2千ポンドで落札された。直後に作品が額縁の中を下がり始め、バンクシー自身により仕掛けられた額縁内のシュレッダーを半分ほど通過し部分的に細断された。サザビーズの担当者は、現在も額縁内にシュレッダーが残っていると説明している。

このエントリーをはてなブックマークに追加