各国を代表するアカデミーなどで構成する国際学術会議(本部・パリ)は15日までに、次期会長に小谷元子東北大副学長を選んだ。今期の財務担当副会長には白波瀬佐和子東京大教授を選んだ。同会議に参加する日本学術会議によると、会長や副会長に日本人が選出されたのは初めて。14日に総会の選挙で選ばれた。

 小谷氏の任期は2024年から3年間。今期も理事会のメンバーとして活動する。専門は数学・幾何学。白波瀬氏は社会学が専門で、任期は3年間。

 選考過程で各国のアカデミーなどが会長や副会長などの候補者を推薦。小谷氏は国際数学連合、白波瀬氏は日本学術会議から推薦があった。

このエントリーをはてなブックマークに追加