トヨタの世界生産台数の推移

 トヨタ自動車は15日、11月の世界生産を計画比で10万~15万台減らすと発表した。東南アジアの新型コロナウイルス流行による部品調達難や世界的な半導体不足が響いた。9~10月の大幅減産を挽回するために11月は100万台程度の生産を目指していたが修正を余儀なくされた。国内は4工場で生産調整する。

 ただ影響は徐々に和らいでおり、11月の生産台数は減産後も85万~90万台と過去最高水準を見込む。2021年度の世界生産見通しは、今後も挽回を進めることから、900万台を維持する。

 11月の減産は国内5万台、海外5万~10万台とする。国内では堤工場(愛知県豊田市)、トヨタ自動車九州の宮田工場(福岡県宮若市)、トヨタ自動車東日本の岩手工場(岩手県金ケ崎町)、宮城大衡工場(宮城県大衡村)の4工場で最長5日の稼働停止日を設ける。

 オンラインで取材に応じたトヨタの熊倉和生調達本部長は「一番悪い時期は脱した」とし「リスクは減っているので、今後は減産があるにしても大きな幅にならない」との見方を示した。足元の需要が高く、12月以降は高水準の生産を計画していると説明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加