西村惺翔君

 弥生が丘中央少年野球(佐々木宏冶監督)に所属する西村惺翔君は、小学1年生の時から入り、セカンドを守っています。

 学校のなかよし会で一緒だった友達が少年野球に入り、楽しそうにしていたので「やってみたい」と思ったそうです。現在メンバーが増え、スタメン争いが激しく、出られないときもあるので、監督からの課題である「自分が決めたルールを守れ」という言葉を胸に、素振りなどに汗を流しています。

 でも、「ピッチャーをやりたい」という希望を持っています。足の速さは学年一で、体育が大好きです。「ライオンズの平良投手」のようなプロ野球選手を目指して、今日も、みんなより早く練習場に行き自主練に取り組んでいます。

(地域リポーター・有馬治子=鳥栖市)

このエントリーをはてなブックマークに追加