新型コロナウイルス感染症対策本部会合であいさつする岸田首相=15日、首相官邸

 岸田文雄首相は15日夜、韓国の文在寅大統領と初めて電話会談した。元徴用工や元慰安婦訴訟で日韓関係が厳しい状況にあると指摘し、韓国側に適切な措置を取るように強く求めた。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への対応に関しては、日韓だけでなく米国を交えた日米韓3カ国の連携を深めることで一致した。首相が会談後、記者団に明らかにした。

 首相は、北朝鮮による日本人拉致問題で、韓国側の協力を要請。文氏は日本の立場への支持を表明した。

 日韓首脳による対話は、6月に英国で開かれた先進7カ国首脳会議(G7サミット)で当時の菅義偉首相と文氏が対面であいさつを交わして以来。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加