こねくり家の数量限定「モンブランとバニラアイスのせ 手作り豆乳ワッフル」(600円)。+300円でドリンクセットにできる

静かな時間が流れる古民家カフェ・こねくり家。席の予約可

水田屋の「秋大福」(2個486円)。10月の土、日曜のみ販売 ※数量限定なので予約がおすすめ

季節の和菓子がずらりと並ぶ水田屋。看板商品の「ふくらすずめ最中」もいかが

ロジエの秋季限定「マロンパフェ」(900円)。毎年心待ちにしている客も多いとか ※数に限りがあるので、来店前に問い合わせと予約を

昭和38年創業のロジエ。オリジナルブレンドのコーヒーや、伊万里牛グルメも味わえる

 朝夕の暑さが和らぎ、秋の気配を感じるようになりました。秋といえば実りの秋、食欲の秋。中でも外せないのが、秋の味覚のひとつ「栗」を使ったスイーツ。栗スイーツはモンブランだけではありません。県内飲食店のさまざまな栗スイーツを紹介します。

 古民家カフェ「こねくり家」(佐賀市)では、“あったか冷たい”栗スイーツが新登場。手作りの豆乳ワッフルに、マロンクリームとバニラアイスをたっぷりとのせ、てっぺんに栗の甘露煮をトッピング。カリカリとした生地に、風味豊かなマロンクリームと濃厚なアイスがしみ込み、口の中にじゅわっと甘さが広がります。和紅茶専門店から仕入れている「焼甘栗紅茶」とあわせてどうぞ。

 「おかしの水田屋」(鳥栖市)の「秋大福」は、秋の味覚が一度に味わえる逸品。栗とサツマイモ、カボチャあん、クリームチーズを、もっちりやわらかなぎゅうひで包んでいます。それぞれの素材の味と食感の違いが楽しく、クリームチーズの酸味がアクセントに。鮮やかな黄色い断面がきれいで、味も見た目も秋を感じさせてくれます。渋皮つきの栗を白あんと包んだ「栗ひとつ」もおすすめです。

 純喫茶「ロジエ」(伊万里市)ではマロンパフェを提供中。地元農家から仕入れた大ぶりの栗をシロップでじっくりと煮込み、盛り付けています。アイスや生クリームをからめながら食べすすめると、中にも栗が入っていて満足感たっぷり。栗を裏ごししたマロンソースが、全体の味をまとめています。「栗の下処理は大変だけど、お客さんの『おいしい』がうれしくてね」と、マスターの山口義方さん。ほっくりとした栗のやさしい甘み、うま味を存分に味わいましょう。

 ワッフル、大福、パフェ…いずれも今だけ味わえる数量限定メニューです。あなたのお気に入りを見つけてみてください。(清川千穂)

 

ものづくりカフェ こねくり家

[住]佐賀市柳町4-16 旧久富家1F

[電]0952(37)6905

[時]11時30分~15時(14時30分L.O.)

[休]月曜、毎月最終火曜

[P]歴史民俗館専用駐車場あり

[IG]conekuriya

 

おかしの水田屋

[住]鳥栖市本町1-970

[電]0942(82)2071

[時]9時~18時

[休]第2・4木曜

[P]あり

[FB]おかしの水田屋

 

伊万里 ロジエ

[住]伊万里市伊万里町甲567

[電]0955(23)3289

[時]10時30分~18時

[休]不定

[P]8

[HP]http://rosier.main.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加