「山を人と人とのつながる場所にしたい」と活動を続ける多良岳を愛する会

 希少な花々を見ることができ、近年パワースポットとしても人気の多良岳。そこには「多良岳を愛する会」のメンバー40人がいます。「山を人と人がつながる場所にしたい」と活動を始めて5年。登山者に、美しく移り変わる山の魅力や日本最古の修験道場金泉寺の歴史などを伝えています。「太良町のまちづくりの一環になれば」と登山道の整備にも力を入れ、11月には多良岳の標柱も設置するとのこと。会の皆さんのおもてなしで、初心者から上級者まで気軽に楽しめます。 (地域リポーター・副島花=嬉野市)

 

 池田 清哉さん(46)=代表

 多良岳の魅力を伝えたくて、皆さんをガイドしています。修験の山の多良岳、一緒に歩きませんか。

 浜崎 将史さん(34)

 多良岳ブームを感じるこの頃。さまざまな方との出会いを楽しみに参加させて頂いています。

 野方 徳浩さん(60)

 PTA仲間から誘われて多良岳に登ってから、登山の魅力にどんどん引きつけられました。

 前田 幹江さん(58)

 季節ごとの風景と植物を追い掛けて、毎月、多良岳に足を運びます。山でのコーヒーは最高です。

 巨瀬 徳彦さん(64)

 無理をせず自分に合ったスタイルで楽しんでいます。若者と一緒だとさらに元気が出ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加