原口誠会長(左)に使用済み切手を手渡す岩﨑大輔局長=有田町社会福祉協議会

 佐賀県北部地区郵便局長会(庄島久貴会長、49人)は8日、有田町社会福祉協議会(原口誠会長)に使用済み切手21・7キロを贈った。佐賀市のNPO法人「地球市民の会」を通じて現金に換金し、アジアの貧困地域の支援などに役立てる。

 唐津、伊万里、有田、玄海の4市町にある郵便局に回収箱を設置。利用者が持ち寄った使用済み切手を、地域の社協に贈っている。

 有田町の大山郵便局の岩﨑大輔局長らが同町社協を訪れ、大きな袋に入った使用済み切手を原口会長に渡した。原口会長は「切手を持ち寄った一人一人の思いが結集すれば、大きな成果につながる」とお礼を述べた。(古賀真理子)

このエントリーをはてなブックマークに追加