欠陥エアバッグ問題で経営破綻したタカタの担当弁護士は30日、特別に債務を全額返済する債権者の数が「500超になりそうだ」と明らかにした。部品の供給を受けてきた取引先が大半とみられる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加