佐賀バルーナーズ―仙台89ERS 試合に敗れて肩を落とす佐賀の選手たち=佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館

佐賀バルーナーズ―仙台89ERS 第2クオーター、厳しいマークを受けながらも佐賀の山本郁也(中央)がシュートを決めて、15-27とする=佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館

 バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)西地区の佐賀バルーナーズ(佐賀市)は公式戦第2節第3日の10日、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館で仙台89ERSと対戦し、80-84で敗れた。通算成績は2勝2敗で同地区4位。

 佐賀バルーナーズは立ち上がりからリードを許す苦しい展開となった。SF/PFマイルズ・ヘソンやPG山本郁也のシュートで食らい付いたが、決定率60%を超える相手の3点シュートを防ぐことができずに、第2クオーターを27-48で終えた。

 後半は堅い守備で主導権を握った。攻撃ではPGレイナルド・ガルシアとヘソンが奮起して試合終了残り9秒までに2点差まで迫ったが、一歩及ばなかった。

 佐賀バルーナーズは第3節第2日の16日、熊本県立総合体育館で同地区3位の熊本ヴォルターズと対戦する。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加