残業の「上限」を何時間に定めるか。政府の働き方改革実現会議の議論がヤマ場を迎えている。政府が示した「繁忙期は月100時間」案をめぐり、労使間の対立が続く。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加