佐賀県は7日、2024年に北部九州4県で開催される全国高校総合体育大会(インターハイ)の開催競技種目を発表した。佐賀県では水泳(競泳)、ボクシング、少林寺拳法、バドミントン、レスリング、フェンシングの6競技6種目が行われる。

 インターハイは11年から全国を9つの地区に分けたブロック開催となった。佐賀が開催地となるのは、2013年の北部九州総体以来、11年ぶりとなる。

 24年のインターハイは、9月に北部九州ブロックでの開催が決まり、開催4県が集まる種目調整会議で実施競技を検討してきた。佐賀は同年に国民スポーツ大会(国スポ)と全国障害者スポーツ大会の開催地となっており、国スポで実施されないボクシングと少林寺拳法をインターハイの地元開催競技として盛り上げる。

 総合開会式は、主管となる福岡県で行われる。日程や会場については調整中だが、佐賀市のSAGAサンライズパークに建設中の新水泳場「SAGAアクア」や「SAGAアリーナ」の活用も検討していく。(西浦福紗)

このエントリーをはてなブックマークに追加