記者会見で伊万里トンテントン祭りの無観客開催を発表する実行委員会の北原新委員長(右)と百武雅之事務局長=伊万里市役所

 伊万里市の伊萬里神社御神幸祭実行委員会は4日、22~24日に予定している伊万里トンテントン祭りを、新型コロナウイルスの感染防止のため「無観客」で実施すると発表した。神輿(みこし)を組み合う「合戦」の際には、周囲に幕を張って観覧できないようにする。

 同じくコロナの流行下にあった昨年は、合戦を中止して神輿巡行だけを行った。北原新(あらた)委員長(62)は「今年はコロナがどういうものかある程度分かってきて、対策を取れば合戦ができると判断した。神事として粛々と行いたい」と話した。

 祭りの参加者には抗原検査やマスクの常時着用を求め、合戦の回数や巡行の距離は例年の半分以下に減らす。巡行ルートと時間は非公表にし、参加者以外の全ての人に沿道や合戦会場での観覧自粛を呼び掛けている。(青木宏文)

このエントリーをはてなブックマークに追加