春はツツジ、秋はモミジで知られる基山町の大興善寺(神原玄應住職)の風景を撮影した作品展が、基山町民会館で開かれている。寺の四季折々の表情を活写した入賞作25点が来場者の目を楽しませている。7日まで。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加