第57回佐賀新聞社旗争奪ソフトボール佐賀県大会(県ソフトボール協会・佐賀新聞社主催)最終日は3日、佐賀市のスポーツパーク川副で準決勝と決勝を行い、決勝で大丸スポーツ(多久市)が神集島レッドシャーク(唐津市)に6-5でサヨナラ勝ちし、初優勝を飾った。

 大丸スポーツは5-5の七回裏、1死一、二塁の好機で4番深川一平が左前に決勝の適時打を放った。最優秀選手賞は先取点やサヨナラ打の足掛かりとなる安打を放って優勝に貢献した深川亮が受賞した。優秀選手賞は神集島レッドシャークの小川拓哉、敢闘賞は川﨑建築(白石町)の片渕喬也とサムライズ(基山町)の山本悠介が選ばれた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加