■「命に関わる仕事誇りに」 佐賀市の総合看護学院(樗木等学院長)で3日、卒業式が開かれた。卒業生72人が看護実習で積んだ経験と、恩師や保護者への感謝を胸に新たなスタートを切った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加