開催中の佐賀城下ひなまつりに合わせた春の骨董(こっとう)市が3日、佐賀市の松原神社境内で始まった。九州を中心に45店の古美術商が集まり、国内外の陶器や反物、家具など古道具や骨董品を並べている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加