ユニコーンの曲に合わせて「ためとも体操」を披露する児童たち=上峰町の上峰小

 上峰町の鎮西山に残る源為朝(ためとも)伝説をアニメ化した作品「鎮西八郎為朝」のテーマソングを使った「ためとも体操」が、上峰小の運動会で初めて披露された。子どもたちが元気に手足を曲げて伸ばし、応援に駆け付けた保護者から大きな拍手が送られた。

 町は昨年12月、町のPRなどを目的に作品を動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開した。これまで約300万の閲覧がある。テーマソング「TIME-TO-MORE」は人気ロックバンド「ユニコーン」が書き下ろした。

 体操は、子どもたちに曲に親しんでもらおうと同校の教諭が考案し、全身を動かすことができる体操に仕上がった。26日の運動会では準備運動に取り入れ、子どもたちは曲に合わせて腕を大きく広げるなど楽しみながら汗を流した。

 庄嶋美奈子校長は「子どもたちが楽しめる体操。今後もスポーツ行事などで使う予定なので、学校の伝統になれば」と期待を込めた。町教育委員会の担当者は「老人クラブのスポーツ大会など町内にも広げていきたい」と話した。(瀬戸健太郎)

このエントリーをはてなブックマークに追加