佐賀市で交付第1号となった女性。「プレミアム感があり、県外の友人にうらやましがられた」と話した=1日、佐賀市役所(画像の一部を加工しています)

佐賀市で1日から交付が始まった「ゾンビランドサガ」オリジナルデザインご当地ナンバープレートのサンプル=佐賀市役所

 佐賀県を舞台とするテレビアニメ「ゾンビランドサガ」のオリジナルデザインを施したご当地ナンバープレートの交付が1日、佐賀、唐津、伊万里の3市で始まった。県内20市町で順次導入される第1弾。手に入れたファンは「早速、付けて走りたい」と声を弾ませた。

 ご当地ならではの特別なアイテムをいち早く手に入れようと、佐賀市役所では開庁前から行列ができ、午前9時時点で50人以上が整理券を受け取った。申請書類を提出し無事プレートを交付された人は、早速デザインに「かわいい」と目を細めていた。

 プレートは図柄が市町によって異なり、作中のアイドルグループ「フランシュシュ」とともに佐賀市はバルーン、唐津市は市歴史民俗資料館、伊万里市は相生橋が描かれている。排気量50cc以下のミニバイク(原付一種、白色ナンバー)が対象で、交付を受ける市町に定置場が必要。数量限定で、佐賀市は800枚、唐津市は500枚、伊万里市は300枚を交付する。残る17市町も段階的に展開していく。

 佐賀市役所に朝5時前から並び、最初に2枚の交付を受けた女性(26)は「このためにミニバイクの練習を始めた。いずれプレートを付けたバイクで、改めて作品の舞台を巡りたい」。同じく2枚申請した男性(68)は「アニメも見たが、面白く、よくできている。地域の子どもたちがプレートを見て楽しんでくれたら」と目を細めていた。(志垣直哉)

このエントリーをはてなブックマークに追加