開幕戦に向け練習に打ち込む佐賀バルーナーズの選手=佐賀市の諸富文化体育館

バルーナーズ試合日程

バルーナーズ メンバー表

 バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)が1日、開幕する。佐賀市を拠点とする佐賀バルーナーズ(西地区昨季3位)は2日、同市のSAGAサンライズパーク総合体育館で、バンビシャス奈良(同7位)と対戦する。初戦を白星で飾り、「B2優勝、B1昇格」の目標へ弾みをつけたい。(草野杏実)

 佐賀バルーナーズは昨季、発足3年目でB2に初参戦し、リーグ戦前半は首位を快走した。後半は3位まで転落。1部(B1)昇格を懸けたプレーオフに進出したが、初戦で敵地2連敗を喫し、創部当初からの目標だった「B1最短昇格」を実現できなかった。

 B1再挑戦となる今季、顔ぶれは大きく変わった。指揮を執るのは昨季、B1・レバンガ北海道でヘッドコーチを務めた宮永雄太氏。激しい守備から連動性のある攻撃に持ち込めるチームづくりを進め、頂点を目指す。

 今季はイギリスで代表経験があるSF/PFマイルズ・ヘソンや、213センチの長身を誇るアメリカ出身のCギャレット・スタツ、セネガル出身のファイ・パプ月瑠(ムール)、最年少22歳のSF駒水大雅ジャックが新加入。リーグ最下位で課題とされたリバウンド数のアップが期待されている。

 攻撃では昨季スティール王に選ばれ、攻守で躍動したPGレイナルド・ガルシアら外国人選手が中心になりそうだが、宮永ヘッドコーチは「コンスタントに攻撃してチャンスメークしてほしい」と日本人選手にも期待する。

 PG西裕太郎は味方のアシスト、SF井上諒汰は3点シュートなどで昨季のプレーオフ進出に貢献。新加入のPG岸田篤生は高いシュート力を誇り、内からも外からも得点できる。

 同じく新加入のPG石谷聡は、豊富な経験を生かして主将としてチームをまとめる。副主将を務めるのは唯一の県出身(唐津市)であるSG德川慎之介。持ち味の積極的な守備で失点を抑える。

 今季もホームで幕開けを迎えるバルーナーズ。宮永ヘッドコーチは「応援してくれる皆さんと一緒に最後まで走り抜け、西地区優勝とB1昇格に向けて力を尽くしたい」と力を込める。

 B2は全16チームを東西2地区に分け、同地区のチームと6回戦総当たり。残りは他地区のチームと対戦する。両地区の1~3位など計8チームが、リーグ優勝を懸けたプレーオフに進出する。2日は午後4時、3日は午後2時試合開始。

このエントリーをはてなブックマークに追加