福岡県などの新型コロナウイルス緊急事態宣言が30日までで解除されるのに合わせ、唐津市は県内在住者に限定していた公共施設の利用制限を10月1日から解除する。対象は近代図書館や道の駅など280施設。

 一部の施設では利用人数の制限を継続し、競艇場のボートレースからつのスタンドは上限500人としている。

 市は郡部を除く旧市域へのまん延防止等重点措置の解除を受けて13日から施設を開館し、利用者を県内在住者に制限していた。(横田千晶)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加