相知町で自然保護に取り組む市民団体「自然と暮らしを考える研究会」が、公益社団法人日本河川協会から河川功労者として表彰された。20年間地道な活動を続け、地域の子どもたちも巻き込むなど評価された。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加