Jリーグは28日、理事会後の記者会見で、パワーハラスメント行為に及んでいるという匿名の告発文書が日本サッカー協会に寄せられた、J1サガン鳥栖の金明輝(キン・ミョンヒ)監督について、本格的に調査に乗り出すことを明らかにした。鳥栖には通知しており、今後は同リーグのコンプライアンス法務室が外部の弁護士に委託して調査を進めていくという。

 オンラインで行われた会見で、内部調査室・コンプライアンス法務室の萩原和之室長が「リーグが直接調査をすることを、昨日(27日)クラブに通知した」と説明。介入調査を行う理由については、「(金監督が処分を受けた足払い行為以外の)過去にさかのぼった情報が入っている。特定のものだけでなく、それ以外のことも調べないと、一連のクラブを取り巻く状況が解明できないと判断した」と話した。

 結論までには2カ月ほどかかる見込みを示し、「双方の言い分をフェアにバランス良く聞いていかないといけない」と述べた。(井手一希)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加