7月の大相撲名古屋場所で土俵入りする横綱白鵬

 日本相撲協会は28日、史上最多の優勝45度を誇る横綱白鵬(36)=本名白鵬翔、モンゴル出身、宮城野部屋=が27日に現役引退を申し出たことを受け、手続きを進めた。関係者によると、年寄資格審査委員会を経て、30日の定例理事会で引退が正式に承認される見込み。白鵬は年寄「間垣」の襲名を目指している。

 白鵬は2019年9月に日本国籍を取得し、親方として相撲協会に残る資格を得た。引退後は宮城野部屋付きで後進の指導に当たる予定。将来的には独立する意向をもっており、東京都内に部屋を設立する準備をしているという。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加