激甚災害指定の閣議決定について会見で報告する棚橋防災担当相=東京・永田町の内閣府

 佐賀県内で11日から降り続いた記録的な大雨の被害に関し、政府は28日、激甚災害に指定することを閣議決定した。10月1日に施行する。農業分野では地域を限定せず県内全域が対象になる「本激」となり、国庫補助率をかさ上げする。融資による中小企業の再建支援は武雄市、杵島郡大町町に限定する局地激甚災害(局激)となる。

 棚橋泰文防災担当相が、同日の閣議後会見で報告した。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加