日本政府関係者は28日、北朝鮮から発射された弾道ミサイルの可能性がある飛翔体について、日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したとみられると明らかにした。発射されたのは1発で、船舶の被害などは確認されていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加