鹿島市が発表したJR肥前鹿島駅の周辺整備構想案(市提供)

肥前鹿島駅の周辺整備

 鹿島市は、JR肥前鹿島駅前を魅力ある空間にするため、周辺整備の構想案をまとめた。駅舎のリニューアルや公共交通ロータリーを設けることなどを盛り込んでいる。駅前の「鹿島バスセンター」は解体される方針が示されており、跡地には、にぎわいを生む拠点施設の整備を検討する。中心市街地と駅のつながりを重視して交流人口の拡大を目指す。

 総事業費や着工の時期は決まっておらず、2023年3月までに基本計画などを策定する。現時点の構想案では、駅舎の南側に新しい駅舎を建設。現駅舎は待合室として活用し、開業当時のレトロ調に改築する。南口・東口を新設して利便性の向上を図る。

 駅前は、送迎する車などで混み合う問題が指摘されていたため、バスやタクシーを乗り降りする公共交通用と一般用の2カ所のロータリーを整備する。

 構想案は、市が昨年8月に立ち上げた地元の商工観光団体や交通事業者、学識者、公募委員らでつくる検討委員会で議論してきた。鹿島高校の生徒や駅利用者へのアンケートも実施した。今後もワークショップなどを開いて市民や商業者に参画を促し、計画を詰めていく。

 駅は、来年秋の九州新幹線長崎ルート暫定開業で特急の大幅な減便を控えている。市都市建設課は「市の玄関口で、中心市街地とのつながりを充実させたい。民間事業者とともに駅周辺ににぎわいをつくる『まちの駅』を目指していく」と話している。(中島幸毅)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加