4月にANAセールスから事業を引き継いで誕生した「ANAあきんど」は従来の航空セールス事業に加え、新たに地域創生事業にも取り組んでいる。全国の拠点を巡って現場の声を聞く活動の一環で来佐した高橋誠一社長(58)は「地域が持つ魅力にいろんな角度から光を当てることで活性化につなげ、新たな航空需要も掘り起こせれば」と意気込む。

 「あきんど」という社名には近江商人の「買い手よし、売り手よし、世間よし」の三方よし精神を込めた。「地域創生事業では後発なので、覚えてもらいやすい名前にした」と語る。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加