【ソウル共同】韓国軍合同参謀本部は28日、北朝鮮が同日午前6時40分ごろ、内陸部から日本海側に向けて短距離ミサイル1発を発射したと明らかにした。北部慈江道舞坪里から発射したとみられる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加