福岡県太宰府市で2019年10月、高畑(こうはた)瑠美さん=当時(36)=が暴行され死亡した事件で、鳥栖署の対応について第三者委員会設置や再調査などを求めて遺族が提出した請願書について、佐賀県議会総務常任委員会は27日、全会一致で不採択とした。同日の委員会では討論は行われず、本会議でも不採択となる見通し。

 事件を巡っては、瑠美さんの死亡前、家族が鳥栖署に複数回相談していた。県警は当時の対応について「不備はなかった」と主張し、遺族は県警の対応を批判。今年1月、遺族は佐賀県公安委員会に第三者委員会を設置して再調査を行うことを要望したが、県公安委は2月に「直ちに事件化は難しかった」などと回答するにとどめていた。

 請願書で遺族は、事件を巡る県警や県公安委の対応について第三者委員会を設置して再調査を行うことや、県公安委の調査過程での発言内容などを全て開示すること、県公安委の現状の改革を求めていた。(小部亮介)

このエントリーをはてなブックマークに追加