明治のころから有明海と児島湾(岡山県)の漁民は交流があったという。アガマキ採りの出稼ぎに行ったり、稚貝を移植したりしたこともあったようだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加