神埼地区交通安全協会の城島訓浩会長(右)から表彰状を受け取る神埼高の原口哲哉校長=神埼市の同校

 神埼市の神埼高が、九州交通安全協会の優良学校表彰を受けた。生徒主体で長年行う交通安全活動や、教職員、保護者らによる登校指導などが評価された。

 同校の生徒会は地元の交通安全協会や警察とともに年2回、神埼駅前で反射材や交通安全を呼び掛けるチラシを配っている。教職員や後援会役員らは登校時間に合わせ、通学路や校門でマナー指導をするなど地域一体で活動している。

 伝達式が21日、同校であった。神埼地区交通安全協会の城島訓浩会長(77)が原口哲哉校長に表彰状を渡し、「このような学校が地域にありうれしい。神埼地区は県内でも事故が多い中、子どもたちが頑張っている姿を知ってほしいし、地域の活力になれば」とたたえた。原口校長は「地域の協力や関係機関の指導のおかげ。大変ありがたい」とお礼を述べた。

 表彰は小学校から大学までが対象で、九州で神埼高を含む5校が受賞した。(森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加