海岸でごみを拾う参加者たち=佐賀市東与賀町

 佐賀県中部を拠点とするロータリークラブの合同清掃が26日、佐賀市東与賀町の東与賀海岸であった。会員や一般の参加者ら約160人が1時間ほど汗を流し、約800キロ分のごみを拾い集めた。

 参加したのは、佐賀、多久、小城、神埼の4市にある計10クラブ。それぞれごみ袋とトングを手に、シチメンソウが自生するエリアの周辺で活動した。ごみは約350袋分になり、内訳はヨシなど燃えるごみ750キロ、プラスチック48キロ、金属12キロだった。

 佐賀市内の職場から10人で参加した田中絵莉さん(32)は「きれいになっってすがすがしい気持ち」と笑顔。佐賀ロータリークラブの古賀利明会長は「地域への奉仕や会員の親睦につながった」と話した。

 今回の清掃は、全国的なロータリーの環境美化活動の一環。(円田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加