首位に浮上した畑岡奈紗=25日、アーカンソー州ロジャーズ(AP=共同)

 第2ラウンド、9番でティーショットを放つ笹生優花。通算8アンダーで9位=ピナクルCC(共同)

 【ロジャーズ(米アーカンソー州)共同】米女子ゴルフのアーカンソー選手権は25日、アーカンソー州ロジャーズのピナクルCCで第2ラウンドが行われ、5位で出た畑岡奈紗は2日連続のホールインワンを達成して65をマークし、通算12アンダーの130で首位に浮上した。63と伸ばしたミンジ・リー(オーストラリア)もトップ。

 畑岡は6番(パー3)でホールインワンを記録したほか、5バーディー、1ボギーとショットが安定した。65をマークした笹生優花は通算8アンダーで9位に上がった。73の野村敏京はイーブンパーで予選落ち。

 首位と1打差の3位にチ・ウンヒ(韓国)がつけた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加