唐津市議会玄海原発対策特別委員会(田中秀和委員長)は24日、九州電力を参考人招致し、東松浦郡玄海町の玄海原発構内に設置予定の「乾式貯蔵施設」などについて説明を受けた。使用済み核燃料の保管期間の質問に対して九電は、期間を明言せず、使用済み核燃料の搬出先になる青森県六ヶ所村の再処理工場の稼働に合わせ「計画的に搬出する」と述べるにとどめた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加