武雄市の「文化のまちづくりデザイン会議」の第3回会合が24日、市文化会館で開かれた。地域の文化を生かしたまちづくりをテーマに意見交換したほか、10月から市民を対象にしたアンケート調査を実施することを決めた。

 今回は意見が活発に出るようにと、16人のメンバーを2班に編成。来年秋に暫定開業する九州新幹線長崎ルートも話題にし、武雄をどうアピールすべきか意見を交わした。メンバーからは「スイーツやアニメなど若者を呼べるようなテーマで集客を」「ビッグデータを活用し、県外の人が何を求めているかを探るべき」などの意見が出た。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加