ニューヨーク証券取引所(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】23日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比506・50ドル高の3万4764・82ドルで取引を終えた。経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団のデフォルト(債務不履行)に対する懸念がいったん後退し、投資家のリスク回避姿勢が和らいで買いが優勢となった。

 上げ幅は一時600ドルを超えた。恒大は人民元建て社債の利払いを実行すると22日に発表した。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が22日に量的金融緩和の段階的縮小を11月にも開始する考えを示したことは、市場に想定通りと受け止められ、買いを誘った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加