日本産科婦人科学会は23日、受精卵の染色体を調べて子宮に戻す「着床前診断」の臨床研究で、流産率が減ったとする研究結果を発表した。

このエントリーをはてなブックマークに追加