東京都庁舎(中央)

 東京都は23日、新型コロナウイルスの感染者が新たに531人報告されたと発表した。入院患者は前日より103人減の1943人、うち重症者は3人減の143人となった。入院患者が2千人を下回るのは7月13日以来。自宅療養中だった40代を含む18人の死亡も確認された。

 死亡した40代の男性は8月11日に陽性が判明。発熱とせきがあったが軽症と判断され、自宅で療養していた。保健所や同居家族が健康観察していたが、同月18日に亡くなっているのを家族が発見した。基礎疾患はなかった。都内で自宅療養中に亡くなったのは、8月以降で累計50人となった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加