【ワシントン共同】米議会で超党派の警察改革法案可決を目指していたブッカー上院議員(民主党)は22日、共和党との意見の隔たりが埋まらないとして断念を表明した。昨年5月の白人警官による黒人男性暴行死事件を受け、警察の過剰な暴力防止への機運が高まったが、厳しい規制を求める民主党に対して共和党は警察の裁量を重視。折り合いが付かなかった。

 ブッカー氏は声明で「残念ながら溝は深すぎる。別の選択肢を探る時が来た」と説明。バイデン大統領も22日に声明を発表し「上院共和党は穏当な改革さえ拒否した」と批判した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加