新型コロナウイルス対策を巡るサミットで途上国の接種支援を表明するバイデン米大統領=22日、ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は22日、オンラインで開催した新型コロナウイルス対策を巡るサミット(首脳会議)で、発展途上国などのワクチン接種支援のため3億7千万ドル(約406億円)を拠出すると表明した。中低所得国への提供分として新たに購入する5億回分のワクチンと併せ、パンデミック(世界的大流行)収束につなげたい考えだ。

 バイデン政権はサミットで、次のパンデミックに備えるため世界銀行に100億ドル規模の基金設置を提案、米国としてまず2億5千万ドルを拠出し、追加で8億5千万ドルを出す用意があると表明した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加