「TOFFEE tokyo」で人気の「ソイラテ」(後ろ)と「Ice Tofu Choco」=東京都千代田区

 東京都千代田区のJR東京駅北側の日本橋川に面した一角に、オフィスや飲食店が入る地上38階建ての大型複合ビル「常盤橋タワー」が7月、オープンした。豆腐製造の三原食品(鹿島市)を母体とするカフェなど、全国の人気店を集め、地方の魅力を発信する場と期待されている。

 三菱地所が進める再開発エリア「TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)」の一角。地下1階から地上3階の商業フロア「TOKYO TORCH Terrace」は、北海道や新潟県の5店が出店。多くのテラス席が設けられており、開放的な空間で食事を楽しむことができる。

 カフェ「TOFFEE tokyo」は、三原食品を母体とする飲食会社の4号店で、東京への出店は初。鹿島からほぼ毎日直送される豆腐や豆乳を使った「ソイラテ」や「アイス豆腐チョコ」が人気だという。一般的な豆乳より濃度が高いといい、統括マネジャーの三原あゆみさんは「豆乳本来の味を、生活に気軽に取り入れてほしい」と話す。

 三菱地所は、敷地内の池に新潟産のニシキゴイを放すなど、環境づくりにも地域の力を取り入れる。開発を担当する副主事、林樹樹さんは「さまざまなイベントを通じて地域一つ一つとつながり、地道に活動を広げたい」と意気込む。

このエントリーをはてなブックマークに追加