世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級タイトルマッチ12回戦は22日、京都市体育館で行われ、挑戦者の矢吹正道(緑)がチャンピオンの寺地拳四朗(BMB)を10回TKOで破り、新王者となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加