総務省消防庁は22日、患者の搬送先がすぐに決まらない「救急搬送困難事案」が、13~19日の1週間に1874件あったと発表した。5週連続で前週比マイナス。2千件を下回るのは7月12~18日の週以来。

このエントリーをはてなブックマークに追加