グーグルのロゴ(ロイター=共同)

 米グーグルは22日までに、スマートフォンの送金・決済アプリを展開する新興の資金移動業者「pring(プリン)」(東京)の買収を完了した。買収額や今後の事業戦略は明かしていないが、日本での金融事業の拡大を目指しているとみられる。

 グーグルは7月、IT企業のメタップス(東京)などからプリンの全株式を取得すると公表。8月下旬までに買収手続きを完了する見通しとしていた。市場支配力が懸念される巨大ITによる買収案件だったため、規制当局が慎重に審査したとみられる。

 ITを活用した新たな金融サービスを巡る海外勢の積極的な買収戦略で、競争が一段と激しくなりそうだ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加