九州電力は「リフォームするならオール電化キャンペーン2021」を10月1日から12月31日まで実施する。ガス・石油機器から、電気給湯器エコキュートやIHクッキングヒーターに買い換えた人や、オール電化住宅ローンの利用者を対象に、抽選で最新家電や九州の特産品が選べるカタログギフトなどを贈る。

 九電では2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」の実現に向けた取り組みを進めており、オール電化住宅の普及促進もその一環。九電によると、九州管内のオール電化戸数は約118万戸で普及率は約21%となっている。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加